ZRATTO!しずおか
しずおか旬彩帖 今おいしい、静岡市の味覚をご紹介します。
2016.04.27

新緑の芽吹く季節に届く旬の便り

今年もやってきました「新茶」の季節
早出しの産地として知られる久能の「葉しょうが」
宝石のように綺麗な獲れたて「桜えび」と「しらす」

静岡市は全国でも有数のお茶の産地です。“口当たりが優しく爽やかな香りと鮮やかな緑”が特徴の「静岡本山茶」や“針のような形の茶葉と金色透明なお茶の色”が特徴の「清水のお茶」など静岡市内だけでも様々な種類のお茶があるので、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか。

味知との遭遇(H27深澤撮影)

久能地区の葉しょうがは、促成栽培をしているため他の生産地より出荷時期が早く、3~4月の葉しょうがの出荷量は日本一です。カリッとした食感とマイルドな辛さがたまらない葉しょうがが春の静岡の食卓を彩ります。

image2

禁漁期解禁!獲れたてしらすと桜えびに出逢えるチャンス到来です。最近は冷凍技術も発達して年間を通して食べることもできますが、やはり獲れたてが最高!しずまえでしか味わえない最高の味をぜひ味わってください。

ebisirasu

 

その他旬の特産品

しらす
しらす
由比漁港、用宗漁港、清水港と静岡市内ならどこでも獲れる、“しずまえ鮮魚”の大定番。市内で漁獲されるしらすは、安倍川や興津川、富士川といった大きな川から流れ込む山からの栄養分で集まったプランクトン ...
清水のお茶
清水のお茶
清水の茶栽培の歴史は古く、鎌倉時代には「駿河の清見」として、お茶の五大産地に数えられ、明治39年(1906年)に清水港からお茶が直接海外に輸出されるようになると急速に生産が拡大し、現在の産地の姿とな ...
静岡本山茶
静岡本山茶
静岡県の茶産地の中で最も古い歴史を持つ静岡本山茶は、静岡市を縦断する安倍川とその支流である藁科川の流域周辺で作られるお茶を言い、静岡市が誇る二大ブランド茶の一つです。 川霧のかかる山の斜面で ...