ZRATTO!しずおか
しずおか旬彩帖 今おいしい、静岡市の味覚をご紹介します。
2018.09.13

心地よい夜風と旬の味覚に秋を感じて

目に鮮やか翡翠色の輝き「ぎんなん」
ほのかに甘く香り高い「いちじく」
秋の訪れを告げる、しずまえの「カマス」

 料理を彩り、主役にも脇役にもなる秋の味覚「ぎんなん」は、静岡市清水区で生産されています。清水区産のぎんなんは真空パックで鮮度が長持ち、殻を割るときれいな翡翠色の実が顔を出します。まだ、手に取ったことがないという方にも、是非味わってもらいたい逸品です。

 ほのかな甘みと香り高い「いちじく」は、“不老長寿の果物”と呼ばれています。夏から秋にかけて長く楽しむことができる果物で、スーパーや直売所には熟したいちじくが並びます。生のままはもちろん、凍らせたり、コンポートにしても美味しくいただけます。

 「カマス」は市内でも特に漁獲量が多い“しずまえ鮮魚”の一つ。細長い魚体で、塩焼きや刺身のほか、干物などでも非常に美味です。特に秋のカマスは脂が乗っていておススメです。最近では、由比港漁協所属の漁師さんお手製の魚のすり身『漁師魂(りょうしだま)』の原料にもなっています。鮮魚はもちろんのこと、すり身にしても美味しい“しずまえ鮮魚”、「カマス」をぜひ味わってみてください!

 

 

その他旬の特産品

清水のお茶
清水のお茶
清水の茶栽培の歴史は古く、鎌倉時代には「駿河の清見」として、お茶の五大産地に数えられ、明治39年(1906年)に清水港からお茶が直接海外に輸出されるようになると急速に生産が拡大し、現在の産地の姿とな ...
しずまえ鮮魚
しずまえ鮮魚
「しずまえ」とは、静岡市清水区蒲原から駿河区石部の沿岸地域のことを指します。しらすや桜えびのほか、真鯛やさば、あじ、かますなど豊富な魚が獲れる漁場であるにもかかわらず、全国的な知名度は今ひとつ ...
静岡本山茶
静岡本山茶
静岡県の茶産地の中で最も古い歴史を持つ静岡本山茶は、静岡市を縦断する安倍川とその支流である藁科川の流域周辺で作られるお茶を言い、静岡市が誇る二大ブランド茶の一つです。 川霧のかかる山の斜面で ...