ZRATTO!しずおか
レポート

興津のビワ出荷が始まります!

2020.05.28
興津のビワ出荷が始まります!の画像

 JAしみずの東部集荷場で、興津特産のビワの出荷が始まりました!

JAしみず興津びわ部会では、旧東海道の景勝地・さった峠周辺で「田中ビワ」という品種のビワを栽培していて、5・6月の2~3週間しか出荷されない初夏の果物として人気です。
 5月25日には、出荷基準や品質を確認し合う「目ぞろえ」が行われました。 

 今年からは4Lサイズよりもさらに大きい、100g越えのビワが「大玉果」として出荷されることになり、その説明もありました。1玉専用パックに入っていて、ボリュームも高級感もたっぷりです!
                            

 生産地であるさった峠周辺は傾斜地で水はけもよく、特に南側斜面は駿河湾からの照り返しで日照も豊富で冬でも冷気が溜まらないため、ビワ栽培の適地として知られています。暖冬だったこともあり今年は大玉傾向できれいな外観のものが多いそうです! 


目ぞろえの後は出荷準備の作業が行われました。出荷されたビワは、JAしみずアンテナショップ「きらり」や市内スーパーなどで販売されるとのことです。

その他のレポートもご覧ください

清水産「アールスメロン」初出荷!
レポート
2020.07.07
 静岡市清水区の南部地域(三保、折戸、駒越)でハウス栽培される「アールスメロン」の出荷が始まりました!  この日は、2軒の生産者により約200玉の「アールスメロン」が持ち込まれ、「…
清水産「ハウスミカン」初出荷!
レポート
2020.07.03
清水区内にあるビニールハウスにおいて「ハウスミカン」の収穫が始まりました。 露地栽培のみかんは5月に開花し、夏に果実が肥大して秋から冬に収穫します。一方、ハウスミカンは冬に…
太刀魚のしずまえ焼き!?
レポート
2020.06.23
しずまえ鮮魚の代表格の一つである「太刀魚」。由比漁港の定置網などで多く漁獲され、スーパーなどでもよく見かける身近なお魚です。 今回は、割烹料理店考案のオリジナルレシピを紹介します…