ZRATTO!しずおか
レポート

濃厚な甘み、コクと香りの一品 「せとか」

2019.02.15
濃厚な甘み、コクと香りの一品 「せとか」の画像

 この時期、スーパー等の果物コーナーでは色々な種類の柑橘類が並んでいます。
 静岡市内ではほぼ1年中、色々な種類の柑橘類が生産されていますが、今回は“柑橘の大トロ”と表現されることもある「せとか」を紹介します。
 「せとか」は「清見」と「アンコール」を掛け合わせたものに、「マーコット」を交配した品種で、高糖度で濃厚な風味と良好な香り、果肉が柔らかく、ほろが薄く食べやすいのが特徴です。

 葵区しづはた地区の「せとか」を栽培しているハウスでは、収穫間近の大きな「せとか」がたくさん実っていました。
 農家さんにご苦労されている点などを伺うと、果実を病害虫から守り、果皮の色つやをよくするため、写真のように黒い袋を一つ一つ被せること、木に生える棘(とげ)を一つ一つとること、また、「良いものを作るために日々勉強しているよ。」と教えてくれました。

 「せとか」は、果皮がなめらかで張りがあるもの、手に持った時に重みが感じられるものを選ぶと良いそうです。皮を手でむき、香りを楽しみながら、口いっぱいに広がる果汁を味わってください。

 「せとか」はJA静岡市柑橘共同選果場(TEL:054-247-7210)または市内一部スーパーで3月中旬頃まで購入できます。

 なお、明日、2月16日(土)に行われる「静岡みかんフェスタ」で「せとか」、「不知火」、「はるみ」の試食販売が予定されています。ぜひお立ち寄りください。 詳細はこちら

その他のレポートもご覧ください

葵区井川のとうもろこしを使ったプリン!
レポート
2019.08.10
 8月に入り、静岡市葵区井川地区を尋ねると、とうもろこし畑があちらこちらに広がっていました。  井川地区は市街地に比べて標高が高いため、7月後半から少しずつ収穫が始まっています…
今年で開業30周年!真富士の里でほっと一息、手作りグルメを堪能!
レポート
2019.08.08
今回行ってきたのは安倍街道にある真富士の里。なんと今年で開業30周年になります! 地域のお茶農家やわさび農家の方達が地場産品の販売所として始めた真富士の里は、中山間地の発展や、人…
真夏でもおいしい❝ いちご ❞が食べられる!!
レポート
2019.07.31
 平年より7日遅く梅雨が明け、いよいよ夏本番です!!  今回は、これからの季節にぴったりな静岡市内で生産されたいちごが使用されている「削りいちごとチーズクリームのジェラート」をご…