ZRATTO!しずおか
レポート

太陽の日差しをたっぷり浴びたプラム❝太陽❞の出荷が始まりました。

2018.07.10
太陽の日差しをたっぷり浴びたプラム❝太陽❞の出荷が始まりました。の画像

 清水・庵原地区ではプラムの露地栽培が行われ、6月から8月にかけて“大石早生”、“ソルダム”、“太陽”の3つの品種が順番に出荷されています。
 3つの品種を簡単に紹介すると、“大石早生”はきれいな赤色で小ぶり、果肉は淡い黄色、“ソルダム”は鮮やかな緑色で、果肉は濃い赤色、“太陽”は先の2つより大きく濃い赤色、果肉は乳白色です。

 写真は色づく前の“太陽”が栽培されている畑で、棚を設置することでまんべんなく日が当たるようにしています。
 今年は3月中旬から下旬にかけて気温が安定したおかげで実のなりが良く、2回摘果をしたそうです。

 濃い赤色に色づいた“太陽”を手に取りひっくり返して見ると、白い円が出ており、これが収穫のサインだそうで、甘くとても良い香りがしています。
 プラムは、JAしみずアンテナショップきらりや市内のスーパー等で購入できます。
 “太陽”の花は“大石早生”、“ソルダム”より先に咲き、実は最後に収穫されます。太陽の日差しをたっぷり浴び、じっくりと成長したプラム、是非、お試しください。

その他のレポートもご覧ください

「海と日本さばける塾in静岡」
レポート
2018.12.06
 魚をさばける子どもたちを増やすために、日本全国で開催されている『海と日本さばける塾 in 静岡』が開催されました。(主催:海と日本プロジェクトin静岡県実行委員会/静岡市後援)   …
増えています 静岡市産の黄色いキウイフルーツ
レポート
2018.11.22
 本日、今シーズンの出荷が始まった、静岡市産のキウイフルーツ「東京ゴールド」。  昨シーズンの7tに対し、2倍に匹敵する出荷量が見込まれています。  10月下旬、静岡市葵区内の畑で…
白さとツヤが自慢のおいしいお米!「きぬむすめ」
レポート
2018.11.14
 JA静岡市では、10月上旬より、市内で栽培された白さとツヤが自慢の「きぬむすめ」の販売が行われています。  「きぬむすめ」の食感は軟らかく粘りがあり、味はさっぱりとして色々な料理…