ZRATTO!しずおか
レポート

静岡地鶏「駿河シャモ」とは?

2017.08.01
静岡地鶏「駿河シャモ」とは?の画像

今回は静岡県でうまれた地鶏「駿河シャモ」を紹介します。

_N9Q9248小
駿河シャモは、黒笹(くろざさ)、比内鶏、名古屋コーチンなど7種を交配して生まれた全国でも珍しい黒い羽を持つ地鶏です。
静岡市内の梅ケ島や井川で生産されているほか、県内では富士宮や掛川も産地となっています。

生後7~8週で出荷される若鶏(ブロイラー)と比べると、2倍以上の広さの鶏舎と日数をかけのびのびと飼育された「駿河シャモ」は、程よく歯ごたえがあり、アミノ酸も増量した旨みのある肉質となります。
また、飼料には鶏の免疫力UPが期待される緑茶粉末を混ぜ、健康でおいしい鶏に育てています。

グリル小
旨みが多く、臭みが少ない「駿河シャモ」は、素材の味が活きる塩焼きなどがおすすめの食べ方とのこと。
さらに、旨味の効いた出汁がよく出る鍋料理も見逃せません。

なべ小
「駿河シャモ」は、市内をはじめとする取扱飲食店などでお楽しみいただけます。
詳しくは「駿河シャモ振興会ホームページ」をご覧ください。

その他のレポートもご覧ください

夏の贅沢 清水のハウスミカン
レポート
2017.08.02
春夏秋冬、どの季節も地元の旬の柑橘類が楽しめるのが静岡市。 夏は、なんといってもハウスミカン。 8月のお盆に向けて出荷ができるよう、一般的に10月に収穫が始まる早生の品種を、暖かい…
静岡市のブランド豚”TEA豚”が紹介されました!
レポート
2017.07.21
今月5日、静岡市の魅力を伝え発信してもらうことを目的とし、首都圏の報道機関を対象とした現地取材会が静岡市広報課主催で行われ、今注目の静岡市のブランド豚“TEA豚”の紹介と試食会が行われ…
”駿河区旬穫祭”「長田の桃狩りとたたみいわし作り体験」が行われました!
レポート
2017.07.18
家康公の健康長寿の秘訣であった「食」に焦点をあて、旬のものを楽しむ「駿河区旬獲祭」(主催:駿河区地域総務課) その一環として今月1日に早出しの産地として知られる「長田の桃狩り」と用…