ZRATTO!しずおか
レポート

静岡地鶏「駿河シャモ」とは?

2017.08.01
静岡地鶏「駿河シャモ」とは?の画像

今回は静岡県でうまれた地鶏「駿河シャモ」を紹介します。

_N9Q9248小
駿河シャモは、黒笹(くろざさ)、比内鶏、名古屋コーチンなど7種を交配して生まれた全国でも珍しい黒い羽を持つ地鶏です。
静岡市内の梅ケ島や井川で生産されているほか、県内では富士宮や掛川も産地となっています。

生後7~8週で出荷される若鶏(ブロイラー)と比べると、2倍以上の広さの鶏舎と日数をかけのびのびと飼育された「駿河シャモ」は、程よく歯ごたえがあり、アミノ酸も増量した旨みのある肉質となります。
また、飼料には鶏の免疫力UPが期待される緑茶粉末を混ぜ、健康でおいしい鶏に育てています。

グリル小
旨みが多く、臭みが少ない「駿河シャモ」は、素材の味が活きる塩焼きなどがおすすめの食べ方とのこと。
さらに、旨味の効いた出汁がよく出る鍋料理も見逃せません。

なべ小
「駿河シャモ」は、市内をはじめとする取扱飲食店などでお楽しみいただけます。
詳しくは「駿河シャモ振興会ホームページ」をご覧ください。

その他のレポートもご覧ください

彩り豊かにおもてなしを☆清水産バラの魅力をPR!!
レポート
2018.07.15
 6月18日(月)~6月22日(金)まで、静岡市役所清水庁舎1階ロビーでJAしみずバラ部会によるバラの品種展示を行いました。  現在清水区内では17名の生産者が約70種類のバラを…
「しずまえ新聞」を知っていますか?
レポート
2018.07.12
みなさんは「しずまえ新聞」を知っていますか? 平成27年から発行して今回で第7弾になるこの新聞。“しずまえ”の魚や調理法、栄養、クイズについてなどなど、毎回違った内容で「しずまえ」…
太陽の日差しをたっぷり浴びたプラム❝太陽❞の出荷が始まりました。
レポート
2018.07.10
 清水・庵原地区ではプラムの露地栽培が行われ、6月から8月にかけて“大石早生”、“ソルダム”、“太陽”の3つの品種が順番に出荷されています。  3つの品種を簡単に紹介すると、“大石早生”…