ZRATTO!しずおか
レポート

美味しい桃ができるまで

2017.05.20
美味しい桃ができるまでの画像

4月に咲いた桃の花もすでに散り、5月中旬になると長田地区ではの摘果作業が行われます。

摘果前④圧縮 摘果前①

梅のようにも見えますが、こちらが桃の幼果です。
花が咲いたところのほとんどに実がなるため、このようにたくさんの実がなります。
枝の上側に実がなると成長したときに枝がねじれたり、実が落ちてしまうため、花の段階ですでに間引きをしてあるそうです。

摘果後 作業風景

取材した農家さんは、全体のバランスを考えながら大体30cmの枝に1つの実がなるように「摘果(てきか)」と呼ばれる間引きの作業を行っているそうです。
摘果を行うことで、1つ1つの実に栄養が行きわたり、甘い桃になります。

断面圧縮

摘果した実を切ってみると、このようになっています。まだ固くて小さい実ですがほんのりと桃の香りがします。

 
袋かけ(過去)圧縮
(写真は昨年度)
摘果が終わると茶色や白色の袋を掛け、実を病気や虫などから守る「袋掛け」が行われます。

 
反射シート
(写真は昨年度)
「袋掛け」を行い実が大きくなってくると、マルチと呼ばれるシートを敷き太陽光を反射させることで桃の色づきが良くなります。

 
収穫直前(過去)
(写真は昨年度)
このように、長い時間と手間をかけてやっと収穫になります。
農家の方によると露地栽培の桃は6月上旬からの出荷の予定とのことです。
甘くみずみずしい桃がお店に並ぶのが待ち遠しいですね!

その他のレポートもご覧ください

長田唐芋(おさだとうのいも)の出荷スタート!
レポート
2017.11.14
風味と味が濃く、粘りけとホクホク感が絶妙のバランスの里芋!「長田唐芋(おさだとうのいも)」の出荷が今年もいよいよ始まりました。 平成23年から長田地区で試験栽培が始まり、年…
促成栽培発祥の地!清水区三保・折戸の「トマト」が出荷されています。
レポート
2017.11.06
 清水区三保・折戸地域は、その温かい気候と豊富な日照量により大正時代から続く促成栽培発祥の地です。  今回は、中玉トマトの「レッドオーレ」、大玉トマトの「桃太郎ピース」を生産して…
地元食材を活用した「おむすびコンテスト」が開催されました。
レポート
2017.10.30
 10月14(土)、JA静岡市本店で「おむすびコンテスト~ニコニコおむすび大作戦~」が開催されました。  今回のイベントでは、JA静岡市管内を6地区(美和、しづはた、藁科、南部、長田、東部…