ZRATTO!しずおか
レポート

美味しい桃ができるまで

2017.05.20
美味しい桃ができるまでの画像

4月に咲いた桃の花もすでに散り、5月中旬になると長田地区ではの摘果作業が行われます。

摘果前④圧縮 摘果前①

梅のようにも見えますが、こちらが桃の幼果です。
花が咲いたところのほとんどに実がなるため、このようにたくさんの実がなります。
枝の上側に実がなると成長したときに枝がねじれたり、実が落ちてしまうため、花の段階ですでに間引きをしてあるそうです。

摘果後 作業風景

取材した農家さんは、全体のバランスを考えながら大体30cmの枝に1つの実がなるように「摘果(てきか)」と呼ばれる間引きの作業を行っているそうです。
摘果を行うことで、1つ1つの実に栄養が行きわたり、甘い桃になります。

断面圧縮

摘果した実を切ってみると、このようになっています。まだ固くて小さい実ですがほんのりと桃の香りがします。

 
袋かけ(過去)圧縮
(写真は昨年度)
摘果が終わると茶色や白色の袋を掛け、実を病気や虫などから守る「袋掛け」が行われます。

 
反射シート
(写真は昨年度)
「袋掛け」を行い実が大きくなってくると、マルチと呼ばれるシートを敷き太陽光を反射させることで桃の色づきが良くなります。

 
収穫直前(過去)
(写真は昨年度)
このように、長い時間と手間をかけてやっと収穫になります。
農家の方によると露地栽培の桃は6月上旬からの出荷の予定とのことです。
甘くみずみずしい桃がお店に並ぶのが待ち遠しいですね!

その他のレポートもご覧ください

秋の味覚「ぎんなん」の出荷が始まりました。
レポート
2017.09.16
9月に入って少し涼しくなり秋の訪れを感じる季節となりました。 今回は、代表的な秋の味覚の1つ「ぎんなん」の生産が盛んな清水区の興津地区を訪ねました。 清水区では全国に先駆け9月から…
親子でみかんを楽しもう!~みかんを使った料理作り~
レポート
2017.09.05
8月終わりの週末、「静岡みかんパートナークラブ」主催の親子料理教室が開かれました。 静岡特産のミカンを愛する人たちが集まる同クラブは、こども園等での食育活動に取り組んでおり、親子…
「野菜の日」に静岡市産のサヤインゲンはいかが?
レポート
2017.08.31
8月31日は「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせから「野菜の日」と、全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、昭和53年に定めた記念日です。 静岡市内では色々な野菜が生産されてい…