ZRATTO!しずおか
レポート

ビールには欠かせない「ホップ」を収穫!

2021.07.16
ビールには欠かせない「ホップ」を収穫!の画像

ビールの原料の一つ、「ホップ」。
北海道や東北が主な国産ホップの産地ですが、ここ静岡市でもホップが栽培されています。

 

葵区飯間のホップ畑では、7月10日に収穫が行われました。
ホップはつる性の多年性植物のため、高さ5mほどの高さからワイヤーで吊るされている、不思議な光景になっています。このワイヤーを下ろして、一つ一つ手で摘んでゆきます。

生ホップを使う場合、熟していないものは水分量が多く淡白な味になってしまうため、青々としたものより茶色くなり始めた、カサカサして固いホップが適するとのことです。

開きかけのつぼみの様になっているものが、ホップの受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか・まりはな)です。
この中にある黄金色の粉「ルプリン」が重要な役割を果たします。

匂いを嗅ぐと、ほのかにビールの香りがします!
ビールは麦、ホップ、水を原料として作られますが、その中でもホップに含まれるルプリンがビール独特の苦みや香り、泡立ちの素となる重要な役割を担っています。また、雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きもあるそうです。
そのため、いわゆる「第3のビール」などに後からホップを入れる「追いホップ」も楽しみ方の一つだそうです。香りと苦みがぐっと変化するのだとか。

ホップは買い物かご一杯で2㎏ほど。5㎏で瓶ビール約700本が作れるそうです。
商業向けのホップ栽培は静岡市ではこの飯間と梅ヶ島の2か所のみで、国産品種は生産量も少なく貴重!
海外品種も実験的に栽培していて、全部で8種類が栽培されています。

完成したビールは、9月末、11月末頃にJA静岡市じまん市やじまん館にて計1500本ほどの出荷を予定しているとのことです!

その他のレポートもご覧ください

大漁旗プロジェクト!
レポート
2021.07.15
2019年から地域の魅力を大漁旗で表現する全国プロジェクトが行われ、静岡市からは東海大学の学生が制作したしずまえ大漁旗が出品されました。 先日東京で開催されたお披露目会では、しずま…
清水は毎日がマグロまつり第一弾!
レポート
2021.07.14
清水では「毎日がマグロまつり」をテーマに、様々なイベントが開催されます! 6月27日(日)は第一弾「マグロまつりUNDER THE BRIDGE」が開催されました! 次回のイベントもお楽しみ…
ヒラメの稚魚放流
レポート
2021.07.13
先日、清水マリンパーク周辺でヒラメの稚魚放流を行いました。 この事業は、浜田地区青少年育成推進委員会を中心に、地元の企業と清水漁業協同組合が協力し毎年開催しています。 ヒラメ…