ZRATTO!しずおか
レポート

自然薯品評会が開催されました!

2020.12.11
自然薯品評会が開催されました!の画像

先日、JA静岡市あさはた支店で、静岡市産自然薯(じねんじょ)の品評会が開催されました。
14人の生産者が品評会にエントリーし、色、形、味、粘り気などを審査員が評価しました。

今年は長雨と暑さの影響で、例年よりも自然薯の埋まっている土などには気を遣ったとのこと。水はけがよくなかったり、肥料の養分が上手に抜けなかったりすると、色が悪くなったり灰汁(あく)が出やすくなったりするそうです。

今年の自然薯は小ぶりながらもまっすぐで質のいいものも多く、全体的にどれもおいしいと審査員。家庭でもすりやすいサイズのものも多そうです。

ちなみに、細かい目のおろし器で、縦や横に往復して擂(す)るのがポイント。自然薯は擂っているうちにまとまって、お餅のように一つの塊に!つやつやした光沢と粘り気は食欲をそそります。

そのまま醤油などをかけて食べるもよし、だし汁やみそ汁で割って食べるもよし。良い土の香りでごはんが進みますね。

秋から冬にかけて旬を迎える静岡市産の自然薯は、市内のスーパーマーケットやJA静岡市じまん市などで現在も絶賛販売中!

その他のレポートもご覧ください

たたみいわし
レポート
2021.01.15
用宗のたたみいわしをご存知ですか? しらすを薄く敷き詰めて乾燥させた加工品。 鮮度がいいしらすをたっぷり使った豊かな風味が凝縮された贅沢な逸品。 軽く炙るもよし、汁物でもよ…
身近な場所で初日の出!
レポート
2020.12.30
一年の幕開けを迎える初日の出。 今回は【新しい生活様式】を取り入れてあなたの身近な(しずまえ?)エリアから初日の出を拝んでみてはいかがでしょうか? 普段見慣れている風景の中に…
 『家康公お手植えのミカン』ってどんな「みかん」なの?
レポート
2020.12.18
 静岡市葵区にある駿府城公園内に「家康公お手植えのミカン」があるのをご存じですか?  このみかんは「ほんみかん」と呼ばれる、鎌倉時代に中国から伝えられたみかんの一種です。言い伝…