ZRATTO!しずおか
レポート

幻のフルーツ「ポポー」を食べる

2019.10.04
幻のフルーツ「ポポー」を食べるの画像

 先月半ば、静岡市清水区の興津生涯学習交流館にて「めちゃおいしいポポーのムース」講座が開かれました。
 この講座は、幻のフルーツ「ポポー」を使った料理教室として人気を集め、今年で3回目の開催となりました。
 「ポポー」は、明治時代に日本に苗木が持ち込まれ、庭木として広まったといわれています。
 あまり日持ちがしないことや、枝や葉で実が擦れるとキズがつきやすいことから、今ではほとんど流通することはなく、幻のフルーツと呼ばれるようになりました。
 一つの実に数粒ある種は柿のように大きく、その実の形状は「あけび」によく似ています。
 ムースに使う「ポポー」の提供者は、地元興津の農家さん。
 その味に惚れ込み、10年前から10品種以上を育てているそうです。
 「ポポー」の収穫は毎年9月頃、約1か月だけ。りんごやバナナを彷彿とさせる甘い香りが特徴です。
 緑色の皮をむくと、食べ頃の「ポポー」は黄色くやわらかい果肉で、アメリカでは「カスタードアップル」という呼び名がついているそうです。

 講座では、新鮮な「ポポー」をペースト状にしたものを使い、ゼラチンで固めてムースに仕上げました。
 ムースづくりに参加された皆さんからは、「ポポーを使ったデザートを初めて食べた。甘くて美味しいね。」とお話を伺うことができました。

 次にお目にかかるのは来年の9月。
 地元でとれる貴重な「ポポー」、興味のある方は一度試してはいかがでしょうか。

その他のレポートもご覧ください

興津のビワ出荷が始まります!
レポート
2020.05.28
 JAしみずの東部集荷場で、興津特産のビワの出荷が始まりました! JAしみず興津びわ部会では、旧東海道の景勝地・さった峠周辺で「田中ビワ」という品種のビワを栽培していて、5・6月の…
風物詩!桜えびの天日干し
レポート
2020.05.26
 桜えび漁が出漁した翌日、天気が良ければ、清水区蒲原の富士川河川敷で「桜えびの天日干し」が行われています。早朝に由比漁港で競り落とした桜えびを、加工業者の皆さんが河川敷に運び込み…
「しらすの日!?」
レポート
2020.05.04
 本日、5月4日は、「みどりの日」ですが・・・実は、「しらすの日」でもあるんです!全国的にしらす漁が5月に全盛となり、しらすの「し」を「4」と見立て、この日を「しらすの日」と制定…