ZRATTO!しずおか
レポート

今年の出来は!?本年度で92回目!! ~上足洗部農会水稲坪刈~

2018.11.14
今年の出来は!?本年度で92回目!! ~上足洗部農会水稲坪刈~の画像

 9月28日(金)、葵区上足洗で上足洗部農会により水稲の「坪刈」が行われました。
「坪刈」とは田1坪(約3.3㎡)の稲を刈り取り、それを基礎として全体の収穫量を算出することで、上足洗部農会では本年度で92回目を迎え、近年は収穫祭のような位置づけになっているそうです。また、実りの良し悪しをみるだけでなく、工夫した点などをお互いに情報交換をする交流の場にもなっているそうです。

 収穫された稲は1回目からずっと使われていて大正のものだという脱穀機(足踏み式で、文字も「ダイヤモンド」と右から書かれています。不具合が出ると自分たちで修理しているそうです。)で脱穀されました。穂の部分を機械に入れた途端とても強い力で引っ張られるので、持っていかれないようにしっかり握りしめて作業は行われます。
 そのあとも手作業など昔ながらの手法で根気よく作業を進めていました。

今ではJA静岡市管内でこの坪刈を行っているのは上足洗部農会のみになり、この坪刈も年々参加者が減ってきてしまったそうですが、会員の方は「先代たちが続けてきた伝統を自分たちが途絶えさせるわけにはいかない、継承していく」と力強く語ってくださいました。
 その意気込みどおり、100回と言わずその先も続いていくことを願ってやみません。

その他のレポートもご覧ください

「海と日本さばける塾in静岡」
レポート
2018.12.06
 魚をさばける子どもたちを増やすために、日本全国で開催されている『海と日本さばける塾 in 静岡』が開催されました。(主催:海と日本プロジェクトin静岡県実行委員会/静岡市後援)   …
増えています 静岡市産の黄色いキウイフルーツ
レポート
2018.11.22
 本日、今シーズンの出荷が始まった、静岡市産のキウイフルーツ「東京ゴールド」。  昨シーズンの7tに対し、2倍に匹敵する出荷量が見込まれています。  10月下旬、静岡市葵区内の畑で…
白さとツヤが自慢のおいしいお米!「きぬむすめ」
レポート
2018.11.14
 JA静岡市では、10月上旬より、市内で栽培された白さとツヤが自慢の「きぬむすめ」の販売が行われています。  「きぬむすめ」の食感は軟らかく粘りがあり、味はさっぱりとして色々な料理…