ZRATTO!しずおか
レポート

まるでスイーツ?高糖度のキンカン「こん太」

2018.01.30
まるでスイーツ?高糖度のキンカン「こん太」の画像

こん太」は、「ニンポウキンカン(寧波金柑)」の枝変わりとして、1990年に清水区で発見されたキンカンで、酸味が少なく、キンカンのイメージを変える強い甘みが特徴です。


こん太」の生産が盛んな清水区高部地区のハウスでは、綺麗に色づいた、たくさんの「こん太」が実っていました。表面はつやつやと輝き、苦みのある油胞というつぶつぶがほとんどありません。平均糖度は20度を超え、スイーツ感覚で皮ごと食べることができます。


収穫する際は、完熟しているか果実の全体を確かめてから、つややかな実を傷つけないよう一粒一粒、丁寧に作業していきます。実が傷まないよう、少し厚手の布を敷いた特別な籠を使い、3段までしか積まないようしているそうです。


収穫された「こん太」は、選果場で大きさごとに仕分けられ、人の手で一粒一粒傷や汚れがないか確認したのち、箱詰めされています。普通のみかんと異なり皮ごと食べられるため、細かなチェックが欠かせません。

そのままでも美味しい「こん太」ですが、凍らせて食べるのもオススメですので、是非お試しください。

「こん太」はJAしみずアンテナショップきらり、産直プラザふれっぴー、市内一部スーパーで3月末頃までご購入することができます。

その他のレポートもご覧ください

白さとツヤが自慢のおいしいお米!「きぬむすめ」
レポート
2018.11.14
 JA静岡市では、10月上旬より、市内で栽培された白さとツヤが自慢の「きぬむすめ」の販売が行われています。  「きぬむすめ」の食感は軟らかく粘りがあり、味はさっぱりとして色々な料理…
今年の出来は!?本年度で92回目!! ~上足洗部農会水稲坪刈~
レポート
2018.11.14
 9月28日(金)、葵区上足洗で上足洗部農会により水稲の「坪刈」が行われました。 「坪刈」とは田1坪(約3.3㎡)の稲を刈り取り、それを基礎として全体の収穫量を算出することで、上…
先が見通せる縁起物  ”あさはた蓮根”
レポート
2018.11.05
 秋の味覚の一つ、“あさはた蓮根”の出荷が始まった静岡市葵区麻機地区を訪ねました。  穴から向こうが見えることから「先が見通せる縁起物」として、正月料理やお祝いの席に欠かせない蓮根…